無料ブログはココログ

文明の行方

  • 00000149_039
    パパラギ

自然写真

  • 朝寒のミンミンゼミ
    人間の力を超えた存在の写真を目指して

2017年8月26日 (土)

なにを撮ったらよいか

写真の探索像

なにを撮ったらよいか、悩むときには原点に帰るに限る。そこで、あらためて外観の知覚について考えてみよう。

 外界の風景は、色も形もないエネルギーの強弱の形で目に入る。

 光受容器である網膜上に、エネルギー分布の強弱で外界の地図を作る。網膜には色(三原色)を感知する錐状体と明暗を感知する柱状体があるが、この段階では色も形もない。

 

その後、大脳の新皮質視覚野に送られ、ここで初めて色・形、つまり、風景を知覚し、さらに連合野で過去(進化や伝統、個人の経験などの原体験)との比較などをして知覚像の全体像が出来上がる。

 この全体像は、いわゆる「内なる自然」「内なる神」として、保存される。

 (したがって、経験の内容、感性、能力によって個人差がある)

 

その後、人間が外界に何らかの働きかけをしようとすると、「内なる自然」を背景に、何をしたいか、何を撮りたいかなどの作用像が探索像として形作られる。

 探索像は進化や経験を伴う知覚像を下敷きに造られるので、DNAや好み感性の後押しで探索が行われることになる。したがって、どんな写真を撮りたいかといった探索の内容は個人によって様々である。

 また、探索像は最近接した明瞭な像もあるし、原風景のように大部分曖昧なぼんやりした像もある。ときには見えないものもあり得る。まず、そこのところを意識して撮る必要がある。

 さて、大脳新皮質の知覚野には視覚以外の感覚も共存する。五感は環境と結びついて進化しており、たとえば聴覚・音の世界も環境と結びついているので、鐘や風鈴の写真で音を可視化することも出来る。

 嗅覚も香りのある花などで可視化することは出来ようし、ある種の味覚、たとえば甘いものなどは熟した果実の赤い色と結びついている。

 さらに、五感以外の感覚も環境と経験とが結びついている限り可視化も不可能ではない。

 伝説の世界の幽霊、妖怪、もののけ、なども文学やある種の生き物を介して可視化することが出来よう。

 また、やすらぐ風景,いやされる風景、懐かしい、好ましい風景などの感情も,特定の風景・環境と結びついていれば見える化は可能でなかろうか。

 こう考えると、人類の原風景や民族に共有された原風景はもちろん、さらに複雑な感情を伴う小説・俳句・童謡などの見える化不可能ではなく、すでに、林義勝先生の多くの作品に表現されているように思う。

 「内なる自然」の上に、さまざまな背景を積み重ね、いいと感じる写真を撮ることが大切、というのが当たり前かもしれないが結論かもしれない。

ふるさとの原風景を求めて

ふるさとの原風景を求めて    

  品田 穣

 

 

このところ私は写真にはまっている。何十年も前から天然記念物担当の調査官として全国の僻地を回ったときからカメラは常に私と行動を共にしていた。

 復帰前の米軍統治下の小笠原や沖縄や、東西分断時のドイツなど仕事上ずいぶん写真を撮った気がする。動物写真の草分けの田中光常さんや新聞社のプロのカメラマンと同行したことも少なくない。

 しかし、そんな機会も,ただ単にそこにある外観を出来るだけそのまま綺麗に撮る以外のことは考えていなかった。

 ところが、最近、あるプロの写真家の一言が、写真に対する私の考えを根底から変えることになった。

 それは、林義勝という竜伝説や伝統に造詣の深い高名なプロのカメラマンの

 「写真とは客観ではなく主観が知覚したものの表現である」という一言であった。

 外観に忠実に撮ることが写真だと思っていた私には衝撃的な見方であった。

 「写真は外観ではなく知覚されたものの表現」と言う指摘は、これまで、人類の原風景はどんなものだろうと何十年も探求してきた私にとって、「ああそうだったのか」と悟らされる一言でもあった。

 数年前「人類の原風景を探る」という本を東海大学出版会から上梓した際、表紙にどんな写真を使うか悩んでいたとき、大学のデザイナーが選んだのは、今のサバンナの美しい風景と、それとは逆の夕闇に溶け込んだような、ちょっと現実にはあり得ない暗い荒い風景の二枚だった。

 私は、人類の原風景は、人類の祖先が見た風景が今に伝わっているに違いないと考え、後者の荒い風景を選んだが、あらためて、人類や民族の原風景は具体的にどんな風景かが宿題になっていた。

 原風景がドイツで買った解像度の高い高級カメラが写した、詳細な写真であるはずがないことはわかっていたが、さりとて具体的にどんなものかとなると皆目見当もつかなかった。

 

 

そこへ、林義勝先生の「写真は外界ではなく知覚された風景の表現」という一言で目が覚めた。

そう言われて生物学者のユクスキュルの「生物から見た世界」(思索社)に出てくる「知覚標識」があらためて甦った。

 客観的・物理的な外観と主体の知覚像が異なることは「生物から見た世界」を見るとよくわかる。

 人間と同じ外界に囲まれているのに、ダニが見た(知覚した)世界と、昆虫や鳥や人間が見た世界は全く違っている。

 ダニにとっての外界は明るいか暗いかしかない世界らしい。花も木もない。虫を餌にする鳥は動く虫しか知覚できない。保護色に紛れて姿すら認識できないようだ。

 人間の場合も、あるのに見ていないことは少なくない。

 毎日見ている通勤途中の風景の中に、突然ビルが完成して、かつてそこに何があったのか分からないことがある。毎日目に入っていた風景なのに、何があるか見ていなかったわけである。忘れたにしては早すぎる。

 つまり、見えていたのに見ていなかったことになる。もちろん、関心を持って見ていた(知覚標識)駅やパン屋さん、スーパー等は見落とすことはない。

 そもそも、われわれは物理的に見えるものすべてを見ているわけではない。一瞬の間に関心を持って見ているものは見ているが、それ以外は見えてはいてもほとんど見ていない。

 車を運転する時もアイカメラによる視点は、他の車や歩行者、信号などは見ているが、それ以外はぼんやり視界に入っているに過ぎないことを示している。

 このことは、目の受容器である網膜の構造に由来している。網膜は黄斑部に三原色を感知する錐状体が集中していて、そこを外れると分布がまばらになりぼんやりとしか見えない。(周辺に分布する柱状体は,色でなく明暗を感知する。白黒の世界)

 受容器である網膜上の情報は、神経細胞によって大脳の視覚野第四層に送られて色や形を知覚し、さらに視覚野の第五層・第六層に送られ、そこで、過去の経験などと統合されて「知覚」される。

 このように、主体に知覚された風景は、外界の物理的、客観的な姿とは異なった風景である。

 ふるさとの風景を思い出そうとしても、忘れられない赤とんぼやホタル、道祖神、屋敷林、農家の屋根といった鮮明に覚えている風物がある一方で、周囲の大半の風景はぼんやりとしか思い出せない。

 どうやら、私にとっての「ふるさとの原風景」は、はっきりとした「知覚標識」と、ぼんやりとした周囲の風景(環境世界)で構成されているらしい。

 林義勝先生の言う「写真は外観ではなく、人間に知覚されたもの」をどう具体的に表現したらよいか、知覚標識とその他の外観をどう区別して表現するか、その模索が続いている。

2016年3月26日 (土)

私の俳句観 1

私が俳句に関心を持ったのは、もう、70年も前、戦争が始まってまもなくの頃だった。忘れもしない日本軍がシンガポールを占領したと新聞が大きく報道していた。春一番が吹いていたのか強い南風が吹いていた。当時小学4年生だったと思うがそのときの俳句を今でも覚えている。

南風南の戦果運ぶ今日

私の俳句遍歴を語るにしては恥ずかしい限りだが戦時中の空気をそのまま子供心に俳句にしたということだろう

その後戦争も終わり、6334という新しい学制になったが私たちは旧制中学のまま四年生になった。授業も一 変し国語の授業に俳句があった。先生は中山章先生といい早稲田大学の文学部を卒業間もない先生で、私たちに俳句を作らせては黒板に全部書き全員で選句をするのだった。

その時なぜか私の句が何十人かの票を集め一番に選ばれて先生に褒められた

その時の俳句が

汽笛遠く水面の蛍二つ三つ

というので、その後、勧められて、俳句の雑誌「暖流」に投句して取り上げられた。

当時、富士の南麓に疎開していたが、家の前は水田とそれに続く浮島が原という湿原で、夏ともなると蛍が乱舞し南の微風が吹く夜には風に乗って二階の窓から入ってきていた。水面の柳の枝にもたくさん止まっている。浮島が原の海側は砂丘になっていてその上を東海道と東海道線が走っており蒸気機関車が走っていた。ときおり、ぼーっと汽笛を鳴らすとその低周波音が蛍の群れる水辺に届き波紋が生まれる。

そんな情景を俳句にしたつもりだが未だに納得していない。蛍の影が汽笛に揺れるさまが表現されていない、と思っているが、汽笛も蛍ももう思い出の世界になってしまった。

2016年1月27日 (水)

内なる自然・内なる神2

また、霊長類学者の河合雅雄は「子どもと自然」(1990 岩波新書)の中で「進化史を通じて人類の存在の根本を形成している諸性質を“内なる自然”と名付けよう。」とし、「系統発生的適応を通じて、われわれの心性の奥深く形成されたもの」を“内なる自然”と呼んでいる。そして、ヒトの生物的基礎は生理、形態、遺伝のほか社会行動、社会関係などに影響しているとしている。

 

 

 

両者で重なっているところは、進化の過程で外的環境とかかわり合って系統発生的に適応した(生得的な)諸性質を「内なる自然」「内なる神」と呼ぶ点では一致している。

 

 

 

その上で、「内なる自然」「内なる神」が現在の人間の行動やビヘイビア(態度)に反映ないし影響されている点でも一致し、一旦形成された生得的な諸性質は、環境が変化しても容易に変化しないで保存されており、変らずに見られるという点でも一致している。

 

 

 

両者で若干ニュアンスが違うのは、デュボスは「われわれひとりひとりが遺伝的資質と過去の経験から引きだす各人の属性と態度の発現」を「内なる神」としているのに対し河合は「われわれの心性の奥深く形成されたもの」で、われわれは「内なる自然」に影響を受けているものの、各人の経験を「内なる自然」に含むとはしていない。

内なる自然・内なる神

2つの考え方を紹介しておきたい。

 

一つの考え方は、フランス生まれの細菌学者、ルネ・デュボスの「内なる神」である。

 

ルネ・デュボスはその著書「内なる神」(A God Within)(1974 蒼樹書房)の中で、「われわれひとりひとりが遺伝的資質と過去の経験から引きだす、各人の属性と態度の発現」を「内なる神」としている。

 

自然と人間を結びつけた「内なる神」の例として、進化の過程でいつか結びついた、宇宙の力と人間の昼夜の日周期、四季と人間の季節的周期、血圧やホルモンの変動、月令周期などによる行動パターンの変化などのほか、景観や社会行動をあげている。

 

そして、「一般に都市、景観、地域、場所の独自性もまた、かくれた力に由来しているとしている。

 

 

 

「内なる神の最も重要な発現形態のひとつは、まさに、この際立った特性が保持されるという点にあるといってよい」その特性は「生来の特性と、それに作用する外的な力が相互に作用して出来上がっている」もので「際立った特性というものは、状況の変化にもかかわらず一貫して残るものなのである」としている。

 

 

 

さらに自然、nature について「物の基本的特性あるいは構成」とか「人や事物の内因的特性または素質」としている。

2016年1月18日 (月)

冬入日

中山道の妻籠宿、冬になると囲炉裏の煙に格子戸越しの光が光芒を作ります

冬入日光芒冴えて囲炉裏端 草風Dsc_0336_553


遠き日を

写真に俳句をつけました

遠き日を偲びて時雨の妻籠宿 草風Dsc_05172_518

2014年11月28日 (金)

ピクルス物語

ピクルス物語

第一幕

モスクワの北東220㎞の古都スーズタリの有機農家宅訪問の時のこと

 農家風夕食は、ほとんど自家製、なかでもキウリのピクルスはおいしいと評判、

一行の中に、思ったことはなんでもしてしまう、「突貫おば」がいて、

さっそく「ピクルスおいしいから譲って」とたのんで、

5リットルぐらいの大きな瓶を一つ分けてもらい、

「どお、いいでしょう」。

 

第二幕

 

サンクトペテルブルグ空港パスポートコントロールにて

 テロ警戒の最中、「ピクルスおば」が、エックス線の機械に

大切に運んできた手荷物をとおしたら

 

係官「???」「?????」

 

エックス線の機械には、細長い変なものが写っています。

 係官「もしや、爆弾? ダイナマイト?」

「中近東風の変な女性だ!!」と思ったのか

 

「あけろ」との指示で、何重にもくるんだガラスの瓶を

開けたら「?!」なんとピクルス

 

係官(女性)「こんなもの、お土産なの?」と (*_*)

 

「日本は毒入り野菜が多くて食糧難なの、と言えばよかったのに」

2014年9月18日 (木)

謎のサーチライト

小話 謎のサーチライト 

1966年、1ドル360円、海外持ち出し制限500ドルという時代、
文部省の在外研究員としてドイツの自然保護・植生学・景観管理学研究所という長たらしい名前の研究所に文部省から派遣された帰りの出来事です。


1967年当時は、東西の関係は最悪の緊張関係にあり、
拉致はおろか何があってもおかしくない時代でした。

私も、「東ベルリンに公用旅券では決して入るな、
日本に帰れば処罰されるし、以後、アメリカへの入国は断られる」
と釘を刺されていました。 何が起こるか分からないと覚悟をして、
ストックホルムを飛び立ちました。

飛行機に乗ったら、もう、じたばたしても始まりません。


昨日の疲れでうとうとと2・3時間ぐらい寝たろうか、 ふと、
目を覚ますと、乗客の殆どいない機内が騒がしい。

外を見ると、サーチライトが夜空を照らしている、

何を探しているのだろうか。変だ、ソ連の領空に入ったのか、

それにしても、もう、スカンジナビア半島は通過して
北極海に入っているはずなのに、と、
下を見ても暗黒の底があるだけだ。

そのうち、遥か上空を飛行物体が飛んでくる。
高度1万メートルの、この飛行機の上を飛ぶ旅客機は考えられない、

ソ連のミグが迎撃に来たのか、機内に緊張が走る。

サーチライトも二本になり、三本になり、幅も広くなり

一本の下の方は赤く染まっている、

火事の照り返しか大都会の夜景か、だが、もう、北極間近だ。

夜景や火事が反射しているはずはない。 外人がなにやら叫んでいます。

やがて、サーチライトは消え、ミグも飛び去り、
何事もなく北極点上空を通過して、アンカレッジに着陸しました。

この経験、謎に包まれたまま40年近く経過したが、

最近、ハタと思い当たった。 あの、謎のサーチライトは
オーロラだったのだ。

北極圏、一日中闇夜の1月30日、雲の無い高度1万メートル、


スカンジナビア半島からグリーランド沖を経て北極点上空、
さらに、アラスカの空に、白や赤の帯が見えれば、

オーロラに違いない。
謎の、ミグは今思えば人工衛星だったのだ。

政治はロマンをも曇らせる・・・

2014年8月28日 (木)

ケニアに移住したい

お世辞は、ほどほどに

 

Dsc_0981_197_2新年をアフリカはケニアのサンブル自治

区で迎えて、勇猛なサンブル族の村を訪

問しました。

 

高さ2メートルほどの円形の家で、屋根

は牛や羊などの毛皮で覆っている。

 

柱は細いアカシアを組んで、牛の糞で塗り固めた簡単なもの。

 

中は意外に広く、寝室とキッチン兼物置が各1、それに、土間のリビングと

子羊などを保護する1画もあって、かなり快適です。

 

英語の出来る酋長夫人の歓迎をうけ、アカシアの枝で囲まれた学校の中では、

火の起こし方を実演してくれました。

 

Dsc_0953_196_2
11日の夜は、電気柵で囲まれたロッジ

の脇の広場で、焚き火を盛大に起こしな

がら、サンブル族のバーベキューをして

くれた。ライオンやチーターが臭いに誘

われて出てくるといけないので、鉄砲を

構えたガードマンが黒い闇にとけ込んで、なんとなく薄気味悪い。

 サンブル族の男性が2人いて1人はナイロビの専門学校で

動物生態学を学んだインテリらしく、ライオンのブレードの範囲などで

結構話が弾みました。

 「ナイロビの方が便利だから、此処よりいいのでは?」と聞くと

「都会はうるさくて嫌いだ」「ここで、動物と暮らしている方がよっぽどいい」

という。

 なにやら、気が合って「わたしもこういうところがいいな、東京なんて帰りたく

ない」というと、

「ここで暮らせよ、家を1軒と奥さんを一人用意してあげる」「このまま帰るな」

 

と「神サン」を前にして言う。

 

「神サン」も「いい話じゃない」と言わんばかりに指で押してくる。

 

「自然と家は欲しいけどね・・・考えておく」と言ったけれど、

「あとで、返事をしろ」とすっかりその気のようだ。

 後で聞くと、サンブル族の家は奥さんが自ら造るものだそうだ。

なるほど、それでは「家は欲しいが奥さんは遠慮する」では

筋が通らないことになる。

それに、奥さんを1人貰うには両親に牛を30頭プレゼントしなければならないし、

夫も牛を何十頭も育てないと生きていけない。

 それでは、2DKの新築の家の前で、草原の星空のもと、ただ一人、

俳句を詠むというわけにはいかないではないか。


かくて、何事もなく、羽田に着きました。

あのとき、「神サン」が、なぜ指で押したかは謎です。

«文明をあとに