無料ブログはココログ

文明の行方

  • 00000149_039
    パパラギ

自然写真

  • 朝寒のミンミンゼミ
    人間の力を超えた存在の写真を目指して

« 2014年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月27日 (水)

内なる自然・内なる神2

また、霊長類学者の河合雅雄は「子どもと自然」(1990 岩波新書)の中で「進化史を通じて人類の存在の根本を形成している諸性質を“内なる自然”と名付けよう。」とし、「系統発生的適応を通じて、われわれの心性の奥深く形成されたもの」を“内なる自然”と呼んでいる。そして、ヒトの生物的基礎は生理、形態、遺伝のほか社会行動、社会関係などに影響しているとしている。

 

 

 

両者で重なっているところは、進化の過程で外的環境とかかわり合って系統発生的に適応した(生得的な)諸性質を「内なる自然」「内なる神」と呼ぶ点では一致している。

 

 

 

その上で、「内なる自然」「内なる神」が現在の人間の行動やビヘイビア(態度)に反映ないし影響されている点でも一致し、一旦形成された生得的な諸性質は、環境が変化しても容易に変化しないで保存されており、変らずに見られるという点でも一致している。

 

 

 

両者で若干ニュアンスが違うのは、デュボスは「われわれひとりひとりが遺伝的資質と過去の経験から引きだす各人の属性と態度の発現」を「内なる神」としているのに対し河合は「われわれの心性の奥深く形成されたもの」で、われわれは「内なる自然」に影響を受けているものの、各人の経験を「内なる自然」に含むとはしていない。

内なる自然・内なる神

2つの考え方を紹介しておきたい。

 

一つの考え方は、フランス生まれの細菌学者、ルネ・デュボスの「内なる神」である。

 

ルネ・デュボスはその著書「内なる神」(A God Within)(1974 蒼樹書房)の中で、「われわれひとりひとりが遺伝的資質と過去の経験から引きだす、各人の属性と態度の発現」を「内なる神」としている。

 

自然と人間を結びつけた「内なる神」の例として、進化の過程でいつか結びついた、宇宙の力と人間の昼夜の日周期、四季と人間の季節的周期、血圧やホルモンの変動、月令周期などによる行動パターンの変化などのほか、景観や社会行動をあげている。

 

そして、「一般に都市、景観、地域、場所の独自性もまた、かくれた力に由来しているとしている。

 

 

 

「内なる神の最も重要な発現形態のひとつは、まさに、この際立った特性が保持されるという点にあるといってよい」その特性は「生来の特性と、それに作用する外的な力が相互に作用して出来上がっている」もので「際立った特性というものは、状況の変化にもかかわらず一貫して残るものなのである」としている。

 

 

 

さらに自然、nature について「物の基本的特性あるいは構成」とか「人や事物の内因的特性または素質」としている。

2016年1月18日 (月)

冬入日

中山道の妻籠宿、冬になると囲炉裏の煙に格子戸越しの光が光芒を作ります

冬入日光芒冴えて囲炉裏端 草風Dsc_0336_553


遠き日を

写真に俳句をつけました

遠き日を偲びて時雨の妻籠宿 草風Dsc_05172_518

« 2014年11月 | トップページ | 2016年3月 »