無料ブログはココログ

文明の行方

  • 00000149_039
    パパラギ

自然写真

  • 朝寒のミンミンゼミ
    人間の力を超えた存在の写真を目指して

« ふるさとの原風景を求めて | トップページ

2017年8月26日 (土)

なにを撮ったらよいか

写真の探索像

なにを撮ったらよいか、悩むときには原点に帰るに限る。そこで、あらためて外観の知覚について考えてみよう。

 外界の風景は、色も形もないエネルギーの強弱の形で目に入る。

 光受容器である網膜上に、エネルギー分布の強弱で外界の地図を作る。網膜には色(三原色)を感知する錐状体と明暗を感知する柱状体があるが、この段階では色も形もない。

 

その後、大脳の新皮質視覚野に送られ、ここで初めて色・形、つまり、風景を知覚し、さらに連合野で過去(進化や伝統、個人の経験などの原体験)との比較などをして知覚像の全体像が出来上がる。

 この全体像は、いわゆる「内なる自然」「内なる神」として、保存される。

 (したがって、経験の内容、感性、能力によって個人差がある)

 

その後、人間が外界に何らかの働きかけをしようとすると、「内なる自然」を背景に、何をしたいか、何を撮りたいかなどの作用像が探索像として形作られる。

 探索像は進化や経験を伴う知覚像を下敷きに造られるので、DNAや好み感性の後押しで探索が行われることになる。したがって、どんな写真を撮りたいかといった探索の内容は個人によって様々である。

 また、探索像は最近接した明瞭な像もあるし、原風景のように大部分曖昧なぼんやりした像もある。ときには見えないものもあり得る。まず、そこのところを意識して撮る必要がある。

 さて、大脳新皮質の知覚野には視覚以外の感覚も共存する。五感は環境と結びついて進化しており、たとえば聴覚・音の世界も環境と結びついているので、鐘や風鈴の写真で音を可視化することも出来る。

 嗅覚も香りのある花などで可視化することは出来ようし、ある種の味覚、たとえば甘いものなどは熟した果実の赤い色と結びついている。

 さらに、五感以外の感覚も環境と経験とが結びついている限り可視化も不可能ではない。

 伝説の世界の幽霊、妖怪、もののけ、なども文学やある種の生き物を介して可視化することが出来よう。

 また、やすらぐ風景,いやされる風景、懐かしい、好ましい風景などの感情も,特定の風景・環境と結びついていれば見える化は可能でなかろうか。

 こう考えると、人類の原風景や民族に共有された原風景はもちろん、さらに複雑な感情を伴う小説・俳句・童謡などの見える化不可能ではなく、すでに、林義勝先生の多くの作品に表現されているように思う。

 「内なる自然」の上に、さまざまな背景を積み重ね、いいと感じる写真を撮ることが大切、というのが当たり前かもしれないが結論かもしれない。

« ふるさとの原風景を求めて | トップページ

写真・俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさとの原風景を求めて | トップページ